家族葬で失敗しないために

初めて家族葬にチャレンジするという際には、失敗しないように事前に色々と注意しなければいけないポイントがあります。最初に注意しなければいけないのが、故人の知人や友人、会社関係の方、親戚などに家族葬でお葬式を行う事を伝える点です。こういったタイプのお葬式の場合には、参列する方が非常に限定されてきますので、参加できない方も当然増えてきます。

そのため、どの方をお葬式に呼んで、どの方をお断りしなければいけないのかをしっかりと確認しておく必要があります。家族葬の場合には、本当に親しい友人以外は呼ばないといった事がありますので、故人が生前、親交があった方を中心に呼ぶ事になります。生前に終活の一環として呼ぶ方をピックアップしていないとトラブルの原因になります。もしどの方が親しくて、どの方が親しくないのかを判断する事ができないという場合には、家族のみといった第三者から見ても納得のいくような判断をする必要があります。

また、家族葬で最も注意しなければいけないのが親族です。特に身内にご年配の方がいるような場合には、どうしても一般的なお葬式と比べて規模が小さいという事もあり、簡易的なイメージを持たれてしまう可能性があります。そのためそういった方が納得していない内は、大きなトラブルに発展してしまう可能性がありますので、家族葬に決める前にしっかりと話を通しておいたり、生前に遺言状を用意しておくなどの下準備が必要になります。一緒に葬儀業者に見積もりに行くのも説得する方法としては有効です。