家族葬と他のお葬式の違い

家族葬とそれ以外のお葬式の種類について紹介します。お葬式の中でも基準となるのが一般葬になります。この一般葬は、その名の通り従来から行われている一般的なお葬式になります。お亡くなりになってから遺体を安置してもらい、納棺、お通夜を経てお葬式や告別式、出棺、火葬といった順番で行われます。一般葬の特徴としましては、参列者が多岐にわたるという事です。ご遺族や親族はもちろん、会社関係の方や故人の友人、知人なども参列する事ができます。

密葬は、大規模なお葬式の前に親族の方や親しい友人の方のみが参加するお葬式になります。例えば会社の経営者や会社の成長に貢献した方などの場合、会社が主体となって社葬を行いますが、社葬を行う前に先ずは遺族の方や故人の親しい友人などで密葬を済ませておくという流れになります。密葬は親しい方しか参加できない家族葬と近い感じがする事などから、よく混同されてしまうかもしれませんが、家族葬はそれ自体が本葬になります。密葬のように翌日などに大々的に本葬が行われないといった決定的な違いがあります。

最近増えているのがお別れ会という形式です。密葬を行った後に、お葬式という形式ではなく自由な形のお葬式としてお別れ会を開催される所が増えています。立食タイプのパーティスタイルもありますし、故人のビデオを流したり、故人の友人や知人が故人との思い出を含めたスピーチをするなど、色々なスタイルがあります。明るく送り出したいというご遺族や故人の意向に最適です。特に生前にこういった形式のお葬式を選ばれている方が増えています。