家族葬と終活

家族葬は、リーズナブルで満足度の高いお葬式が行えると評判のお葬式になります。しかしながら、家族葬が一般的になってからでは、まだまだ日が浅いので、どうしてもトラブルが起きやすくなってしまいがちです。特に多いトラブルが、遺族の方を困らせてしまう所が多いという事です。例えば、故人と親しい友人の連絡先がわからないという事もありますし、そもそもどの友人が親しくて、どの友人が親しくないなどの線引きがわからずに、式に呼んでよい方に連絡が取りにくいといった問題も出てきます。

もちろん参列者の問題だけでなく、どういった家族葬にしたいのかわかりにくいという事もあります。もしかしたら家族葬を故人が望んでいたのかもわからないといった事も考えられます。そのため、自分のお葬式は家族葬にしたいと考えているような場合には、終活の一環として書面化しておくことをおすすめします。

家族葬に良いイメージを持たれていないような方がいる可能性もあります。そのため、こういったお葬式は、遺族が勝手に選んだのではなく、故人の遺志である事を証明する事ができるようにしておくのも重要なポイントになります。もし可能でしたら、終活の一環としお子さんと一緒に葬儀業者に行って見積もりを出してもらったり、実際の家族葬の内容などのお話を聞くというのも有効です。終活というと、知人への手紙であったり、遺産の整理などのイメージが強いかもしれませんが、お葬式のスタイルを選ぶというのも重要なポイントになります。